2000 No.08
初・中等教育日本語アシスタントの諸問題 一日本語教師養成への示唆一

石田敏子


1.世界の日本語教育の現状

 国際交流基金の調在によれば、1998年には海外全体の学習者数の教育段階.分野別割合は初111等教育が約66%、高糠教育か約20%、「学校教育以外」約13%、組織内教育0.2%となっている。特にオーストラリアでは、初.中等教育の学習者が同国の前日本語学習者の96.6%を占め、著しく増加している。(国際交流基金1999『1989年海外日本語教育機関調炎」の仮集計結果一一概要 記者発表用資料による)

続きを読む »

初・中等教育日本語アシスタントの諸問題 一日本語教師養成への示唆一 - 石田敏子

Suggestions for the Training Program of Primary or Secondary Education Japanese Language Assistants - ISHIDA, Toshiko